当社は雲雀野台地の高台にあり舟川上流に位置し、上流には人家が無い為汚れ無き伏流水を使用し、空気も山林に近いため清く自然に恵まれた環境で、品質第一をモットーの醤油・味噌です。

Google アラート『舟見』から、こんな通知が届きました^^;

柳田國男さんが、当地、舟見を訪れた際のエピソードなどを読売新聞が…当時は、宿場町の名残もまだまだ多く残り、民家の一軒一軒の前には桜の木が植えられ、それらが北國街道沿いにずらりと…そうした風情などもさぞかし楽しんでいかれた事でしょう…^^



『柳田国男の足跡たどる : 北陸発 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) http://www.yomiuri.co.jp/hokuriku/feature/CO023071/20171020-OYTAT50006.html 』より

(中略)

 江戸時代に本陣が置かれた舟見は、豪華な七夕で知られるが、その始まりは参勤交代の藩主の旅情をなぐさめるためとされる。入善町消防団舟見分団前には舟見の本陣の案内板があり、うっそうとした木立に囲まれた広大な屋敷が描かれている。さすが加賀前田藩、こんなに立派な敷地があったのかと周囲を見渡す。

 「舟見も昔しのばるる処なり」と柳田が記した舟見の町。日本民俗学の祖とも仰がれる偉大な学者の足跡をたどりながら、往時のおもかげをしのんだ。

 

 ★「北国紀行」

 柳田国男の紀行文。農商務省の役人として飛騨・北陸などに公務出張した際の日記をそのまま発表したもの。五箇山から城端に入り、滑川、魚津、入善ほかを視察し、風土や暮らしの違いを書き留めている。筑摩書房「柳田國男全集」などに収録。
2BEDA625-B3FB-4547-8107-1CF0F5CF3BD3

お心遣いに心より…

家の事で恐縮ですが、本日は法事でした。孫同士が親友のいつも何かと御愛顧いただいている旅館でささやかに…すると、お品書きにこんなステキなお心遣いが…あらためまして、心より感謝申し上げますm(_ _)m

IMG_6154

IMG_6173

秋も深まる黒部峡谷…屋上からの眺めも素晴しく…

明日は富山県でいちばん早い花火大会が当地で開催されます!フェイスブックにこんな案内が届きました^^

激しかった豪雨もあがり、明日は大丈夫と思います…ホタルも会場近くで舞い踊ります。

七夕の短冊が宿場町を彩り、露店も並びます。

どうぞ、おいでください!


………

7月6日の本番が迫ってまいりました。天気は6日、7日とも晴れの予定です!!!
本年度のプログラムは下記リンクよりダウンロードできます!!

https://drive.google.com/open?id=0B8VhJqJFa6xkYkp6VVdsYXdLd1E
IMG_4972
IMG_4993

そうだろうなぁ、とは前々から思ってましたが…^^; 美味しく召し上がれるなら如何様にも…

「蕎麦はつゆに3分の1だけつけるのがツウ」は3分の1しか正しくない - 醤油手帖

http://shouyutechou.hatenablog.com/entry/2017/06/10/003839



…ふたつ前のブログに御登場いただいてから、既に長らく御愛顧いただいております蕎麦の名店にもあらためまして感謝申し上げつつ…
IMG_4371

見事な藤棚を眺めつつ… - fsyo’sブログ
http://d.hatena.ne.jp/fsyounomusuko/touch/20070507/p1#p1

幼馴染の結婚式のスピーチでも『西尾醤油店』をPRしてくれています^^;

ご笑覧いただければ…^^; m(_ _)m

https://video.xx.fbcdn.net/v/t42.3356-2/18607175_1102166289888662_6311131575895457792_n.mp4/video-1495352952.mp4?vabr=391340&oh=44f2aaa981bef9f4a2963ad9832ecca0&oe=5938668C&dl=1


IMG_4327IMG_4328

しみじみ考えさせられます…

一汁一菜でよいという提案
IMG_4329

https://www.amazon.co.jp/dp/product/4766129547/ref=as_li_tf_tl?camp=247&creative=1211&creativeASIN=4766129547&ie=UTF8&linkCode=as2&tag=bookmeter_book_image_image_sp_logoff-22#immersive-view_1496750801819



「一汁一菜」の効能

こんな記事が話題になっているそうです。

「“盛った”料理=愛情」は勘違い 「一汁一菜」が支持される理由〈週刊朝日〉(AERA dot.)- Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170524-00000031-sasahi-life&p=3

この記事の中で、料理研究家の土井善晴さんは、

「発酵食品のみそには塩分を排出する働きや、整腸作用や殺菌作用など多くの健康効果がある。具だくさんのみそ汁は、心身の健康を維持し、育むために必要な栄養素を十分にとることができます。」

と語っておられます。

日本の“和食”は、世界食遺産にも登録され、日本人の長寿の元とも指摘されて久しいですが、そのベースに一汁一菜が位置付けられているとあらためて指摘いただいたようで、身が引き締まる思いです。

これからも、和食の基本をしっかりと御提供できますよう、精進してまいります。



IMG_4245

もうじき、四重奏が始まります…

味噌の仕込みも無事終わりました。

ようやく北陸の地にも雪解けの便りとともに桜前線が北上してまいりました^^


御覧の絵はシェア金沢に飾ってありました。一目で昨年4月6日に、当blogにもしたためました“舟川べりの四重奏”の光景と…

お近くにお立ち寄りの際はぜひ…

IMG_3541

北國街道で金沢から舟見に続く…その手前の“日本三奇橋”のひとつが紹介されていました。

本日の富山(北國)新聞に、ご覧のとおり、愛本刎橋が紹介されていました。
IMG_3179

旧弊店ブログ(関西電力の広報誌で特集されていました『歴史を訪ねる 宿場町 入善町舟見』に弊店はございます。 | 西尾醤油店ブログ - 楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/nishiosyouyu/diary/201106260000/
)などにも折にふれてしたためさせていただいておりますが、御当地、入善町舟見は加賀藩が本陣を置いたことから、富山県東部で一、二ともいわれた賑わいをみせた時期もある宿場町でした。

それも、この愛本橋があったから…黒部四十八瀬とも称され、時には雪解け水等で暴れ川にもなる黒部川を、何とか安定的に渡りたい、その加賀藩の叡智がつくりあげた全国的にも珍しい橋脚のない橋…江戸時代なら、それはそれは唯一無二の存在感だったことでしょう…。

数分の一のサイズですが、宇奈月ビール館のお隣の図書館にリアルな再現模型が展示されています。お近くにお立ち寄りの際は、ご覧頂けましたら嬉しいかぎりでございます。

味噌派or醤油派 ⁈ いえいえ、どちらも美味しいです^^;

こんな記事を見つけました^^

富山県は味噌も醤油も…(笑)

ぜひ、他府県の皆様も両方のそれぞれの良さを御堪能いただければ幸いです。

東北人「焼きおにぎりには味噌だよね!」 他県民「醤油でしょ?」 - ネタりか
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170217-86935596-jtown

IMG_3067



日本の伝統的食材こうじの魅力に世界のシェフが夢中(ニューズウィーク日本版)- Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170222-00186800-newsweek-int

アクセスカウンター