当社は雲雀野台地の高台にあり舟川上流に位置し、上流には人家が無い為汚れ無き伏流水を使用し、空気も山林に近いため清く自然に恵まれた環境で、品質第一をモットーの醤油・味噌です。

西尾(にしお)の『醤(ひしお)』です^^;

こんな特集を見つけましたので、お役に立てればと御参考まで…^^

…たしかに、他のミネラル分(特にカリウム…ニガリなどに含有)をあわせて摂ることで、塩分過多は自然の摂理で避けられると思います^^ 海藻類や野菜のお味噌汁などはだから健康的なんですね…あらためて納得の記事でした。


^
image



http://www.jiji.com/sp/v4?id=20131122misoshiru&p=miso4

(上記の記事より…)

 日本のみその起源については、古代中国の発酵食品である「醤(しょう=ひしお)」が朝鮮半島から伝わったというのが通説。ただ、現代のみそのルーツは、縄文時代から食べられていた日本独自の発酵食品だとの意見もある。文献に登場するのは飛鳥時代末で、701年に制定された大宝律令で「主醤(ひしおのつかさ)」という役職が扱う調味料の一つに定められた「未醤」が、みその前身だと考えられている。

……

(こちらも記事よりの抜粋です。にがり成分にもカリウムなどの塩分以外のミネラルが豊富に含まれています。ですので、体内で塩分が過剰になれば、こうしたカリウムをはじめとしたミネラル分と余剰分が結合し、体内に自然と排出されます…不思議ですが、納得の自然の摂理かと…)


 みそ汁には、みそだけでなく具も必須だが、この具を多くすればするほど、汁が少なくなる分だけ塩分も減る。また、カリウム分の多い緑黄色野菜やいも類、海藻類などを具に利用すると塩分の排出効果が高まり、みそ以外で摂取した塩分への対策にもなる。和食中心の生活でみそ汁が果たす役割は多岐にわたり、健康な食生活のためには欠かせないアイテムだ。

“桜をみる会”にお招きいただき、感謝申し上げております…

2013年10月9日の当ブログにもしたためさせていただきましたが、御縁があり安倍総理夫人が経営しておられる『居酒屋UZU』さんで弊店の味噌をご愛用いただいております。

その御縁から本日、UZUさんからのせっかくのお招きでもあり、都内で働く孫たちと一緒に出かけて参りました。

あらためまして御愛顧に感謝申し上げます。皆様もまたUZUさんにお立ち寄りいただけましたら幸いです^^

image


image



image



UZU (うず) - 神田/居酒屋
http://s.tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13151168/?lid=header_restaurant_detail_review_list

舟川べりの四重奏…

桜満開宣言からしばらく経ちましたが、この時期、弊店の側を流れる舟川(当地、舟見を源流とする川…という名称の由来かと…)が、朝日岳を源流に小川温泉を経て流れる小川と合流する辺りで、全国的にも稀な桜・チューリップ・菜の花と白馬連峰の残雪が織りなす、春限定の四重奏がご覧いただけます…^^

image


…ぜひ機会があればおいでいただければ…

あさひ舟川・春の四重奏 桜・チューリップ・菜の花と雪の白馬連峰
http://www.kyoto-lab.jp/asahimachiHP/funakawa.html
image

腸内細菌でまた考えさせられる番組が…

もう1389回も放映されている長寿番組『世界不思議発見』を観ていました。

「アンチエイジングも!花粉症も!脳も!
知られざる腸内細菌パワー!」( http://www.tbs.co.jp/f-hakken/bknm/20160319/p_1.html )と言う特集でした。

私も花粉症ですが^^; 花粉症だけでなく、鬱病もアンチエイジングまでも腸内細菌のバランスの維持がとても大切…との内容でした。

その中でも、赤ちゃんがお母さんの産道を通って生まれてくるときに、お母さんの常在菌をいただいて誕生する、だから、わざわざ各地から取り寄せた発酵食品より、身近なものを摂るようにしましょう…という研究成果も…そして、特集の最後には、発酵食品の傑作として、加賀百万石の特産、米糀たっぷりの〝かぶら寿司〟が紹介されていました。

…加賀百万石のうち、七十万石ぐらいは富山のお米^^とのこと…地元産の発酵食品の一隅を弊店も照らしていけるなら幸いです。

image

嬉しい反響です^^

友人に富山の旨いもののPRも兼ね、先日のブログを些々やかにお知らせしたところ、


『…昨夜は久しぶりに富山駅前で友人とふたりで呑んだのですが、何気に入ったお店のマスターと何だかんだと話していたら「ご縁があって今も西尾さんの醤油です」とのことでした。ロッジ、いい店ですね!! マスターから「西尾さんによろしくお伝えください」とのことでした。』と…

とても嬉しい返信でした^^ マスター、誠にありがとうございます!また、寄らさせていただきますm(_ _)m


http://s.tabelog.com/toyama/A1601/A160101/16005883/dtlphotolst/


image

弥生のなごり雪…山、川、海の恵み

弥生になったとはいえ、名残り雪が舞っています…^^;

たまたまテレビをつけましたら、文字どおり、山に富む富山県。その山の栄養をたっぷりいただいた山菜や鱒の寿司でも有名な桜鱒、そして三千メートル級の立山連峰から一気に流れ込む水深千メートルの『天然の藍瓶(アイガメ)』、富山湾……その〝富山湾の宝石〟と称される白エビなどを食材に、こうした山、川、海の恵みを愛し育てる皆さんと銀座のフレンチシェフがともに会して、地元料理とフレンチを分かち合う、ほのぼのとした番組が再放送されていました。

こうした地元の自然の恵みを引き立てる味噌・醤油醸造を…とあらためて…


番組情報

3月1日火NHK総合1午後3時15分~午後4時00分

キッチンが走る!「神秘の富山湾・立山連峰 自然派フレンチで味めぐり!~富山」

白えび、さくらます、そして伝統の山菜の昆布巻き。山海の味が彩る富山の初夏を、フランス料理・十時亨シェフが訪問。旬の食材を存分に使って新たな郷土料理を創作!

深い海に500種以上の魚介類が生息する富山湾。雄大な山並みを残雪が彩る立山連峰。スケールの大きな山と海に抱かれた富山は旬の食材も豊富。富山湾の宝石・甘さ抜群の白えび。鱒ずしの原点・神通川のさくらます。そして伝統的な郷土料理・山菜の昆布巻き。自然が活気づく初夏の富山を、フランス全土で修業し「郷土料理こそ味の神髄」という信条に至った十時亨シェフが訪問、新たなふるさとの料理の創作に挑む!

【出演】フランス料理…十時亨,【リポーター】杉浦太陽,【語り】高橋克実
image

神も仏も一緒の昔ながらの風習が残っています…

先人の知恵なのでしょうか…もともと八百万(やおよろず)の神々が一木一草にまで宿ると信じる多神教のわが国…一神教どうしが対立する痛ましい世界情勢の中、旧き良き日本の伝統…

…明治になってから、分けようとの施策もありましたが、よいものはそのままに…こうした地域の神社の山懐の清流を源に、年年歳歳、神仏の御加護のもと醸造させていただいております…
image

山仕事の安全 神仏にお願い 
入善:北陸発:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2016021002100010.html

いつもご愛用いただいている寿司屋さんがタウン誌に^^

昨年は、富山県内の味噌特集で弊店も御掲載いただきましたタウン誌『月刊Takt』の姉妹誌『TJとやま』に、TJ編集部の『恋するランチ』というコーナーがあり、たまたま立ち寄り湯の休憩中にパラパラめくっていたら、つい先日も配達したばかりの滑川市の福寿司さんが!
image


同い年の共通の友人もいる御主人の気さくなお人柄もあって、たまにですが通わせてもいただいています^^写真にも盛りだくさんのメニューが並び、良心的な価格と申し分ない腕にますます磨きがかかっているような…

滑川市へお越しの際は、ぜひ気軽にお立ち寄りください。
image

昔ながらの醸造…

味噌は無添加でも腐敗しない、昔からの先人の叡智が宿っている日本の代表的な発酵食です。

…ですので、麹室で自然に発酵させたこの麹(日本酒と同じもの…余ったら、よく甘酒にしてました^^;)…
image


image

この圧力容器で蒸した大豆を

この全味号^^;なる機械で擦りつぶし
image


この機械でさっと麹と大豆を撹拌し
image


海洋深層水と名水百選の黒部の水をこの手酌で継ぎ足し、昔からの手桶(友人の小学校の先生の奥さんが、昔ながらの手仕事風景の授業で見せたいと借りていかれたことも^^;)で
image


…永年愛用しており、年季が入っておりますが^^;
image



こちらの桶まで担いでいき、半年間は自然発酵させ、完成します。
image


この木桶や醸造蔵には、その家その家の永年にわたって培われた酵母が連綿として棲み続け、それぞれの醸造元の味となっているとのことです(御指導いただいております、金沢大野湊の醤油醸造協同組合で現在は検査室長をなさっている方にも視察の折に、きれいにしておられる、と褒めていただいたことが何より嬉しかったです)…あらためまして、御賞味いただければ幸いです。

味噌の寒仕込みを続けております…

寒仕込みの時期に合わせてくれたかのように、北陸も冬らしい雪が…

先週より、年年歳歳のことではございますが、味噌の寒仕込みをはじめております。

例年お世話になっております、ご近所、親せきの皆さんも参集していただきました。

昔ながらの製法でございます。相変わらずの御愛顧をあらためまして宜しくお願い申し上げます。

image


image


image

犬も喜び、グラウンド駆け回っています^^;
アクセスカウンター