当社は雲雀野台地の高台にあり舟川上流に位置し、上流には人家が無い為汚れ無き伏流水を使用し、空気も山林に近いため清く自然に恵まれた環境で、品質第一をモットーの醤油・味噌です。

2015年02月

NHK朝ドラ “マッサン” に寄せて

人気の朝ドラの特集記事からふと心に留まる文章がありました。



http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42100  より


『・・・NHK朝の連続ドラマ『マッサン』は、北海道編に入り、いよいよマッサンの宿願だった理想のウイスキー作りが始まる。

『マッサン』のモデルとなったニッカウヰスキー(ニッカ)の創業者・竹鶴政孝が、ウイスキー作りの地として余市を選んだのは、その風土と水が、ウイスキーの本場スコットランドと非常に似ていたからだとされている。

竹鶴政孝の孫にあたる竹鶴孝太郎氏はこう語る。

「祖父は、ウイスキー作りに関して『人間が関われる工程はごくわずかで、熟成のほとんどは自然に任せるしかない。だから、良い環境じゃないと、絶対に良いものは生まれない』と常に言っていました。だから今のニッカがあるのも、すべては、北海道の自然とそこに住む人の支えがあったおかげなんです」

孝太郎氏によると竹鶴夫妻は、最期まで北海道への感謝と愛を持ち続けていたという。・・・』



この『人間が関われる工程はごくわずかで、熟成のほとんどは自然に任せるしかない。だから、良い環境じゃないと、絶対に良いものは生まれない』・・・竹鶴政孝氏は北海道の地で、このよき環境に邂逅したことがニッカウヰスキーを創業した機縁となられました。


西尾醤油店は当地そのものが名水どころ・・・有難い立地条件に感謝しつつ醸造に励ませていただきます。

panel_design

出来立てのほかほかの大豆です

2015-02-20-10-50-30

その季節折々のコンディションなどで
2015-02-20-10-49-19


2015-02-20-10-49-46

この(工場が出来たときは、人工衛星のような…と子供心に思った^^;)密閉型で蒸すか
2015-02-20-10-49-30

この湯気を逃す蓋がついた大鍋のような容器でたっぷり煮込みます^^

腸内フローラにも味噌、醤油は大切^^

昨晩のNHKスペシャルで、『腸内フローラ』の特集をしていました。

NHKスペシャル|腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー
http://www.nhk.or.jp/special/sp/detail/2015/0222/

2/22のNHKスペシャルは"腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー"でした。http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/606783/512682/81871691

腸内フローラ | 女子SPA!
joshi-spa.jp/198113/002-2
老化防止とダイエットが一気にかなう!? 新キーワードは“腸内フローラ”. Tweet · この エントリーをはてなブックマークに追加 · 腸内 ...


この上のBlogなどにもとり上げられているように、大豆は、エクオール産生菌の大切な養分で、元々、日本人はこの菌を多く保有していたのに、最近は大豆の摂取量減少にともない低下していると指摘されていました。

あらためて、味噌、醤油は日本人の長年の伝統食…しっかり守り育てていかなければ、との思いを新たにして、寒仕込みを繰り返しております。

概ね一週間かけて味噌の仕込みを繰り返します

2015-02-13-13-03-03

2015-02-13-13-01-44

ふっくら大豆が山盛りで味噌になるのを待っています。

2015-02-13-13-03-24

昔ながらの手作業で、この小桶を担いで木桶まで運びます。

2015-02-13-13-12-56大豆が攪拌機まで二人掛かりで運ばれてきます。

2015-02-13-13-13-03
間髪入れず麹を投入。

2015-02-13-13-13-07

入善沖の海洋深層水に、

2015-02-13-13-13-13
名水百選の黒部の伏流水を入れ、

2015-02-13-13-15-07
このように軽く攪拌したものを木桶まで運びます。
2015-02-13-13-13-50


こうした最終工程を金曜日に行うために、前回お示ししました麹づくりや大豆の選別(大手とは違い、手作業で一粒一粒、異物がないかなど選別しています)などの準備を月曜から行います。それを年年歳歳、2月の寒い時季に数週間繰り返しております。


ここであらためまして、たくさんの親戚や御近所の皆様のお手伝い、御厚意に心より感謝申し上げますm(_ _)m


おいしい味噌ができるまで

…と『月刊Takt』3月号の45ページでも詳細にフローチャートで醸造工程を説明していただいておりますが、弊店でも、昔ながらの手作業が多いのですが、同じ工程で味噌づくりをしています。

木桶まで運び半年ほど寝かせておく間に、木桶や醸造蔵に長年棲んでいる麹菌ともコラボして、その家その家のお味噌がゆっくりと出来上がります。2015-02-14-12-09-30

今年もふっくらツヤツヤの麹ができました。
2015-02-13-13-02-32
2015-02-13-13-02-09

富山のタウン情報誌『月刊Takt』に掲載いただきました。

昨年の大晦日にもご案内しておりましたが、富山のタウン情報誌『月刊Takt』3月号(毎月10日発売)に『地元の味・再発見 富山の味噌・醤油』特集の一店として、次のように御掲載いただきました。

西尾醤油の味噌と醤油への思いをそのままお伝えいただいている文面をみて、しみじみと感謝の思いが込み上げてまいりました。

富山のコンビニ、書店(金沢等でも文英堂などで発売)でぜひお手にとって、御笑覧いただければ幸いです。

ちょうど、今週から味噌の寒仕込みがはじまります。醸造蔵のご見学がてら、弊店の味噌醤油を御愛用いただければ嬉しいかぎりです。



2015-02-11-15-16-202015-02-11-15-12-12
アクセスカウンター