…と『月刊Takt』3月号の45ページでも詳細にフローチャートで醸造工程を説明していただいておりますが、弊店でも、昔ながらの手作業が多いのですが、同じ工程で味噌づくりをしています。

木桶まで運び半年ほど寝かせておく間に、木桶や醸造蔵に長年棲んでいる麹菌ともコラボして、その家その家のお味噌がゆっくりと出来上がります。2015-02-14-12-09-30

今年もふっくらツヤツヤの麹ができました。
2015-02-13-13-02-32
2015-02-13-13-02-09