2015-02-13-13-03-03

2015-02-13-13-01-44

ふっくら大豆が山盛りで味噌になるのを待っています。

2015-02-13-13-03-24

昔ながらの手作業で、この小桶を担いで木桶まで運びます。

2015-02-13-13-12-56大豆が攪拌機まで二人掛かりで運ばれてきます。

2015-02-13-13-13-03
間髪入れず麹を投入。

2015-02-13-13-13-07

入善沖の海洋深層水に、

2015-02-13-13-13-13
名水百選の黒部の伏流水を入れ、

2015-02-13-13-15-07
このように軽く攪拌したものを木桶まで運びます。
2015-02-13-13-13-50


こうした最終工程を金曜日に行うために、前回お示ししました麹づくりや大豆の選別(大手とは違い、手作業で一粒一粒、異物がないかなど選別しています)などの準備を月曜から行います。それを年年歳歳、2月の寒い時季に数週間繰り返しております。


ここであらためまして、たくさんの親戚や御近所の皆様のお手伝い、御厚意に心より感謝申し上げますm(_ _)m